奇跡のインコ

去年の10月にカゴから出して遊ばせていたところ、あいていた窓から飛び立ったてしまったインコちゃんがいたそうです。
インコの迷子なんて絶対に戻ってこないだろうし探し出せないでしょう。
しかし!中古車販売店に迷い込んできたのがひとつの軌跡。
店長さんが動物好きで過去にインコの飼育経験があったそうです。
疲れていたインコを保護したのはカラスに襲われないように心配したからでした。
一週間ほど飼っていたら、インコが家の住所を言うようになったって。(笑)
あとは自分の苗字と名前を言ったのでそこで飼い主さんを見つけることが出来たって、とても良かったですね。
自分で名乗るなんて頭のいいインコですし、保護してくれる人のところに行ったのも奇跡の要因でしょうね。

言葉の違い

仕事中に上司が「どこか近くにある喫茶店で打ち合わせをしたい」と誰かに電話で話していたんです。
そしたら後輩薬剤師Wさんが笑いました。
聞いてみたら、「今時、喫茶店って言わなくないですか?」って。
平成生まれの子からしたら笑ってしまったようなんです。
確かに喫茶店というのもなかなか聞かなくなりましたね。
でもそうすると、カフェになりますよね。
いい歳をしたおじさんがカフェって言っているのも、それはそれで笑えるというか。
それにカフェというとかなりカジュアルな感じですしね。
学生さんが勉強をしている雰囲気はありますけど、仕事をするとしてもパソコンとにらめっこしている個人がいるくらいというか・・・
言葉って難しいですね。

若者が宝くじを買わない

当たらないという理由で若者が宝くじを買わないので、宝くじの売り上げが落ちているそうです。
高額当選じゃなくて、もう少し金額を落としてたくさんの人が当たるようにすればいいのに。
まあ、宝くじが当たって人生が変わるという夢が必要なのかもしれませんが、今の世の中は当たっても仕事を辞められるわけではないというのもありますからね。
私は買ったことも、買おうと思ったことすらありません。
当たったらお金は欲しいけれど、人生のラッキーがそこで使われたような気がして嫌です。
小心者なのでここでお金なんかもらってしまったら、どんな不幸が起こるのかと思っちゃいます。
当たったら困るなんて人はもともと買いませんから、私には関係ない話題でした。

決断と後悔は自分で

日本はアメリカ、ブラジルに続いて整形大国だという記事があって驚きました。
日本に文句つけまくりのあの国よりランキングが上だなんてビックリです。
でもシワとかシミ取りも入るようなので、整形と言っても大きく変えるものだけではないわけですね。
美しくなるためにやったのに失敗してしまい一生の後悔になることもあるので、慎重にするべきですね。
あとは信頼ある医者選びなど満足いく結果を求めたら大変そうです。
だって顔面麻痺とかになるかもしれないリスクだってあるんですよ。
安かろう悪かろうは、消費するようなものならばチャレンジすることもいいでしょう。
でも自分の顔になると、失敗しても仕方がないなんてことにはなりませんよね。

お子様が口に入れていて・・・・

仕事帰りに薬局に行きました。
お菓子が売っているコーナーを通ったときのことです。
やっと歩き出したくらいの幼児が座り込んでいました。
売り物でもあるチュッパチャップスを袋のまま口に入れていたので、思わず二度見しちゃいました。
お隣に少し大きめのお兄ちゃんがいたのですが、私が足を止めてジッと見つめてしまい二人共そんな私を見返してくるというシュールな状況になりました。(笑)
親は見当たらないけど注意するべきでもないかなと他の棚に移動しました。
だってもう口に入れてしまっているから親がみつけて購入してもらった方がいいでしょうしね。
少しして鳴き声が。
父親に見つかって怒られていたようです。
その後に母親が子供達にやっちゃだめだと諭していました。

海外ドラマでもあおり運転

以前からあったけど、ドライブレコーダーの普及で明るみに出ただけなのかなんなのか、あおり運転のニュースばかりですね。
強烈な犯罪者ばかりですが、やっぱり前から酷い人はいたのでしょう。
さっき見た海外ドラマで、事故を起こした義父は相手が悪いといいはる。
娘は妹が死にかけ、自分や母も危ない目に合わせた義父に「もう帰ってきて欲しくない」と訴えました。
暴力は受けていなくても時間の問題のような男と再婚した母親。
娘に暴言を吐く男に「私の娘よ!」と叫んだのでほっとしました。
危ない運転で亡くなった人もいることもあって「刑務所に入って」と言う母親で良かったです。
ここで母親が味方になってくれないのであれば娘二人の人生も大変なものになったでしょう。

なんでもかんでも携帯認証

なんでもかんでも携帯認証するんじゃねぇ!!!!!!
失礼しました。
でも本当に叫んでしまいました。
前はクリックひとつで見ることが出来たカード使用明細とかポイントとかがいつのまにかクリックすると携帯にコードを送信しましたって画面になってしまいます。
そして受信したコードを入力させられる。
そこまで厳重管理するほどの情報か?
見るのが面倒になったら明細チェックを怠って、それこそ身に覚えのない支払いに気が付かなくなると思います。
現に私は携帯認証になってからは確認の回数が減りましたよ。
どういう必要があって改悪したのかさっぱりわかりません。
昔は良かった・・・なんて事は言いたくないのに、前の方が良かったことだらけで嫌になります。

ブロックしまくっている

Twitterはほぼ見るだけ利用しています。
友達がドはまりしているものへの愛情を語っていたり、何繋がりかは忘れてしまったけれど面白い人とか。
で、そういう人達は発信だけじゃなくてリツイートもするわけです。
良いと思ったものを自分のフォロワーさんに見えるようにするってやつです。
ただ、私はあななたの発信に興味があるだけで、あなたがリツイートする人達のことには興味はないんですよって事が多々あります。
私もすごくためにリツイートすることがあります。
動物の写真で可愛いなと思うものにですね。
私もするのに他の人を批判するのはどうかと思うので誰にも言いません。
ただ、そのリツイート先をブロックしまくっていることも誰にも言えずに秘密にしています。

自撮りによる死亡率

自撮りによる死亡率は年々多くなっているそうです。
これを聞いて私としては、馬鹿じゃないのかなと単純に思いました。
自分の顔なんか写真に撮りたくもない人間からするとまったく理解できません。
これは世代も関係するのかもしれないけれど、今自分が高校生くらいだったとしても写真は撮りたいとは思わない気がします。
プリクラブームの時だって何回かしか撮っていませんでしたからね。
旅行とか外出も好きではないうえに、インスタ映えというネーミングもゾッとするほど嫌いです。
「こんなところにいる自分」のために入ってはいけないところに入ったり、勝手な行動をする人の話題が出るたびに反吐が出る。
そんな馬鹿なことを自らして亡くなったら家族がかわいそうです。

人と関わる人間力がないと孤独

24時間スタッフが在住するタイプの老人ホーム。
その中でも自立できるくらいの人は、食事も自分で用意するし住んでいる場所にスタッフがいるというくらいの生活場所なんでしょうね。
出来なくなるまで自分でやりたいという人には良いところだと思います。
しかしそういうところに住んでいたのにも関わらず、孤独死をした人がいてニュースになっていました。
体調が悪いと知っていた家族はホームに、嫌がっても様子を見て欲しいと頼んでいました。
しかし姿を見たというだけで確認はせず。
発見から2週間も前に亡くなっていました。
老人ホームも大変でしょう。
100人くらいいる大きな施設で、この人は日常的な会話をする人が一人もいなかったんでしょうか。
家族も2週間連絡してないみたいだし、施設だけが悪いとは思えません。