遺伝子スイッチ

20歳になっても赤ちゃんのままのブルック。
見た目は赤ちゃんで知能は一歳くらいしかない。
それでも家族はブルックを愛している。
涙なくして見られません。
全ての面倒をみなければならない家族がいるというのは想像以上に大変でしょう。
発達もしないかわりに老化も止まってしまったブルック。
細胞の中には遺伝子を操作するスイッチがあるとされています。
遺伝子のはたきの50%以上は環境や食生活で変化する。
赤ちゃんのときの母親がどんな状態かで遺伝子が変化するんですね。
やはり妊婦さんはさまざまなことを気にしなければなりませんね。
妊娠中のダイエットや痩せすぎだと生まれてくる赤ちゃんに影響します。
赤ちゃんが飢餓状態になる遺伝子スイッチが押されてしまい、生まれてきて高カロリーを摂取すると将来肥満人生になります。