[扇動者]

本日のまったり読書は石持浅海さんの[扇動者]です。
人を殺さないようにすることなどをモットーにしたテログループの話しです。
テロとわからないようにあることをして日本政府のいたらなさを国民に知らしめる。
こんなグループが本当にいたとしたらすごいですね。
指紋認証でしか入れない建物の中で起きる殺人が起きます。
面白い「密室」ですよね。
誰が犯人か終わりごろまで全くわからないまま進みました。
最後まで主人公以外を疑う状態です。
でも一番良かったのは最後の一文ですよ。
最後の一行で読み手に衝撃を与える本がいくつかありますがこの本も仲間入りしました。
「え?もしかして…」と読み手に気がつかせてそのあとの展開を想像する。
にんまりとしてしまいました。