お風呂の入り方

熱中症対策にはお風呂の入り方も重要です。
今の時期は汗をかけなくていきなり熱中症になる。
体が熱さになれていないからなんですね。
お風呂に入って汗を流すことによって、汗をかきやすい体質にするように出来る。
体温コントロールをできるようにするのが重要なんですね。
ただ注意してほしいところは、入ったあとに暑いからと言ってエアコンの冷風にあたるのはやめましょう。
汗をとめてしまうことが逆効果になります。
36度くらいのお風呂に入っていると最初は水みたいなんですけど、入っているうちに汗をかいてきます。
そのお風呂から出ると外がどんなに暑くても涼しく感じるくらいだそうです。
エアコンはつけませんがお風呂から出て扇風機にあたるのがくせになっているので注意しようと思います。