特定外来生物が大発生

日本で2番目の面積を誇る湖は茨城県の霞ヶ浦です。
現在、この霞ヶ浦でアメリカナマズという特定外来生物が大発生しているそうです。
大きくとがった背中のヒレや胸ヒレが刺さるとばい菌が入るので医者にいかないといけないくらいです。
そして大きい口でなんでも食べてしまい、漁業をやっている人にとっては大打撃になります。
仕掛けをしても8割くらいはナマズなどの外来種が入っているので漁を辞める人が多いほどです。
2000年ごろから爆発的に増えてしまいました。
アメリカでは天敵のワニがいて食べられるが日本には自然に数を減らしてくれる生物がいないために増え放題。
今では生息地が関西にまで広がっているので大発生する前に押さえる必要があるみたいです。