日本のいいところ

ちょっと前まではそうでもなかったのに、今は日本のいいところを取り上げるテレビ番組が多くなりましたね。
昔ながらの技法にこだわって繊細なものづくりをする日本。
大量生産の波に押されつつもプロは使うものをきちんとしたものを選ぶ。
世界中の人が日本の技術に感嘆する。
そういう番組を見てきました。
二番煎じあたりならともかく、他局でも同じような内容があります。
ちょっと称賛しすぎている感はありましたが、とある人は「母国を褒めすぎていて恥ずかしい。言葉に出したらそれは違うものになる」とおっしゃっていました。
単純に努力の末にある技術などは凄いと思っていましたが、確かにあまりにも多い母国自慢とも取れる番組は日本の奥ゆかしさがないですね。
今後は見た方が変わりそうです。

コメントは受け付けていません。